人気ブログランキング |

Why I Came to America 2

皆さま


新年明けましておめでとうございます!!




新しい年の幕開けにて、

新たな決意で出発を迎えるKenです。




前回の NCLEX試験が残念ながら

結果を出せず非常に悔しい思いをしました。





皆さまに良い報告ができるよう

新たに挑戦して参る決意です!!




“NEVER GIVE UP”

e0209446_17525585.jpg


さて、前回に引き続いて

2)キャリアアップ 3)看護の自由性、多様性

について記述していきます。







2)キャリアアップ

看護師として未来を漠然と

模索していた時




大尊敬するメンターに出会い

キャリアアップ の概念が変わりました。






実際に看護師って疲れますよね。






現場では常にミスしないよう

緊張感を保ち、命と向き合わせの重圧

そして、昼夜を問わず仕事し

時間と作業に追われる毎日。





精神的にもかなり負担のある仕事ですよね。





そして、初年度の離職率は10%であり、

日本の看護師はほとんどバーンアウト寸前で、

妊婦が、仕事が原因で流産する

可能性が高いのも事実です。




日本の看護歴史の中で

ニッパチ闘争も革命への一歩でもあります。




給料もいいわけではなく、

誰が褒めてくれるわけでもない。





なんという職業でしょうか!







けど、やっぱり看護って

人(患者)と人の関係の中で

人生や生死を学べる機会が多くて

それが一番の醍醐味であり

essenceだと実感しています。






ケアを通して、自分が成長し

人生を豊かにし、看護ケアは

思想そのものだったりします。

e0209446_17551974.jpg




僕のメンターも

次世代の看護とは




「首から下を使うのではなく(肉体労働ではなく)首から上を使う仕事である。(知的労働である。)」





と教えられ、

あの PETER.F.DRUCKER も

看護を知的労働として記述しています。





まさに看護は

技術だけではなく、視点と思考過程が

看護を看護としていくものである

と教わりました。








でも大事なのは、看護師として


自分の幸せは自分で決めること

何を持って幸せなのか、自分の価値観を知ること




常にキャリアアップ を考えること





看護師も様々な専門分野や認定ができて、

重労働低賃金と軽労働高賃金に

2極化していきます。





看護師に自分の強みや興味を少し足して、

自分の看護での希少価値を高め、差別化し、

専門を生かした仕事をつかむ機会を

常に探って挑戦していきましょう。

e0209446_17581527.jpg



3)看護の自由性•多様性
日本の現場では、今でこそ

診療看護師(日本版NP)が

増えてきつつありますが



どこの病院もまだ模索しており、

試作中だと言っても過言ではありません。




患者の多様性・個別性を大切にしよう

と言いつつ、デキル看護師、

他と違う看護師を認めないで、

排他してしまう矛盾に

看護界は早く気付かないといけません。





質の良い医療とは



・医療の選択肢がある

・スキルミクスの看護




日本の医療は患者中心ではなく、

利権中心だと現場にいれば

凄く感じる事は多々ありますよね。





患者さんからすれば、

腕を切って縫合してほしいときは、

医療者で縫合がうまい人なら誰でもいいでしょ。





それは免許の問題ではなく、

いかに迅速に質のいい医療が

提供できるシステムかどうか

という問題であります。




※アメリカの歴史では一連の研究をまとめると

NPはPrimary Careに関しては、

医師と同等かそれ以上に優れている裏付けされ

多様性が生まれました。






マジで凄いですよね。








だから






看護師には多様性があっていいんです。



「病棟のケアが得意な看護師」

「縫合が上手い看護師」

「IV therapyの得意な看護師」

「論文を臨床に生かす看護師」

「救急外来でコモンな疾患に処方する看護師」

「褥瘡をエコーで評価する看護師」





すべてプロフェッショナルな看護師、

多様でいいではありませんか!!


e0209446_18001617.jpg

人材には、必ず強みと弱みがあり

すべての業務をバランスよく

できることは無理難題で

また完璧になる必要もないし

完璧になれません。





だからこそ自由・多様性に富み

チームでバランスをとり、

強みを生かすチームマネージメントが

必要だと強く感じます。


e0209446_18010017.jpg
長くなりましたが、

この思いを一人でも多く言語化し、

皆で未来を作る一人であってほしいと心から

願います。



僕は各島(みんな)がバラバラになっているなら

自分が「水」となり

各島を繋げていけたら良いなと

本気で思っています。






そして、1人が100歩進む、未来ではく

100人が1歩進む闘い

皆で共々にやっていきましょう。






果たしてどうなる未来の日本看護!?






NEW ERA OF NURSING!!!






1/6/2018 kentonesu32
e0209446_18102610.jpg

by kentonesu32 | 2018-01-06 18:13

Diary & Article


by kentonesu32(安達健一)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31